topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せまりくる - 2013.07.09 Tue

あれよあれよで今週末に迫った本番。これを書いている今も実感がありません。

なんだかカレンダーが嘘をついてる気がします…。
ブログ更新が止まっていたのはそのせ嘘ですごめんなさい。


さて!昨日の稽古でついに、全シーンの台本が揃いました!

最終ページに輝く「おわり」の三文字。


思えば、『二十歳の原点』を題材にすると決まってからもう半年以上。
こんな小さな文庫本に、これほど頭を悩まされるとは思ってませんでした。

ああでもないこうでもないと言いながらみんなで捻り出した台詞が台本の形になっているのを見ると、
嬉しいやら、ほんとにこれで伝わるのか不安になるやら。

正直、こんなに演劇が怖いと思ったことはないです。


『二十歳の原点』を読みはじめた頃は、この時代の学生たちは何がしたかったのか、
何に不満があって、何を訴えていたのかが全然ピンとこなくて、
なんだかすごく遠い高い次元で格闘していたんだな、という印象でした。

でも、実は心根の部分では、今も当時も持っているものは変わらないんですよね。

最近つくづく思います。


それはひとえに、インタビューに協力してくださった当事者の皆さんの、生きた言葉があったからです。


14日(日)18時~の回では、1969年当時、立命館大学で運動の渦中におられた方をお迎えして、
終演後にアフタートークを行います。

お席にはまだ余裕があります。

魂の言葉を、ぜひ聞きに来てください。


130607_184813.jpg



泣いても泣いても笑ってもあと6日。
長い長い旅がもうすぐ終わります。

お客さんにひとつでも、何かが伝わる時間になりますように。




稽古後には、おそらくラストのロッテリアミーティング。

稽古場最寄のロッテリア出町柳店には、ここ何週間か毎日のようにハナレズメンバーが出没しています。

パンフレットのスペシャルサンクスに載せてもいいくらい、毎日毎日お世話になっています。
むしろロッテリアにサンクスされていいくらい、ハナレズは相当売上に貢献してると思います。

今日の稽古に来れなかった愛さんと、携帯のスピーカーホン機能を駆使して台詞あわせ。なんて便利な世の中。


テーブルの上のスマホにむかってぶつぶつ台詞をつぶやく端から見たら怪しすぎる集団でありました。

130708_221427.jpg


何千里。 - 2013.07.01 Mon

日に日に熱くなって参りますね。すずなです。


泣けど喚けど刻々と時間は経ってゆきます。
いつもこの時期は時間の感覚が狂ってしまってなりません。
毎日のように稽古が入っていますが、稽古時間の感覚が狂えば一週間の感覚も狂ってしまいますね。


例によって写真を撮り忘れたので違う日の写真ですが、スタイリッシュに携帯チェックをする澤さんです。
スタイリッシュ澤

そして母を訪ねて三千里行けども会えなかった感じのみちゃきさん。
哀愁みちゃき

癒されます。


それぞれのシーンがちょっとずつ本腰入って立ち上がりだしていますが、道のりは険しいです。
しかし三千里でも六千里でもゆかねばなりません…。

抱腹絶倒の本番を乞うご期待です。

色々頭の働かなくなってきたすずなでした。

2週間前 - 2013.06.30 Sun

気づけば2週間前の今日、

「もう2週間前なんっ?!」って
メンバーみんな、言ってます。

ほんと、この時期は、時間が加速度的に過ぎていきます。

rps20130628_011104.jpg

小道具も着々と集まってきていて、
気分も高まります!

ハナレズ集大成の今年は、
メンバーの創作力や集団力に、
柳沼さんが任せてくださっているので、
例年のように指示を待っていては動いていきません。

ハナレズの力が試されています。

そして、本番が近づくに連れて、
不安の塊が、メンバー個人の事情や内実を巻き込んで、
大挙してやってきているのです。


でも、やるしかないのです。

自分が演劇したくてやってきたってこととか、
ハナレズがこれまで苦労したこととか、
そんな裏事情はお客さんには関係ありません。

ただ、観に来てくださったお客さんに、
有意義だと感じていただけるような時空間を提供したいのです。

ほんと、
今の切実な願いです。

そこに向かって、
深夜の今も目の前で、メンバーのヤスが、
一生懸命自分と向き合っています。

rps20130630_001138.jpg

こういう過程はお客さんには見えませんが、
こういう過程を共にできていることが、
創作活動の魅力の一つなのかもしれません。

欲を言えば、
頑張りが作品の力になってあらわれると嬉しいですが。

とりあえず今は、
やらなきゃいけないこと、
もっとこうした方がいいと思うことを、
確実に積み上げていくだけです。

どうかみなさん、
劇場で私たちハナレズを見守ってくださると幸いです。


明日の稽古後、
ビアガーデンのビールが楽しみな愛でした!

全体像 - 2013.06.28 Fri

もがけどももがけどももがけ どーも、廣瀬です。

本日はテクニカルスタッフのお二人がいらっしゃって、
通し稽古をしました。

といっても、シーンとシーンの繋がりが確定していないところが多く、
柳沼さんのシーンの繋ぎめの解説入りでシーンを時系列順にお見せするといった感じ。

それでも、一個一個のシーンを作ってきた僕たちも、
全体通してみて、作品の全体像が改めて見えてきました。
柳沼さんのラストについての説明をきいて、ちょっと涙がジンワリきてしまいました。
(;_;)

残り2週間半をこの全体像を確実なものにすべく、
邁進して行きますぞー!
(`・ω・´)=3

歩くような速さで・・・ですが。 - 2013.06.13 Thu

ハナレズ稽古は少しづつ進んでいます。
二転三転していますが、前進しています。後退はしていないはず。そう信じたい

さよならハナレズまであと一か月。

ここにきてハナレズ最大の弱点が露見し、思考停止に陥るメンバー一同。
そして稽古場写真をまた忘れる澤雅展。

はたしてハナレズのあかるい場所にたどり着けるのか?

シーン作り直し。このお芝居に組み込んでいきます。
毎週シーン作りをした地獄の三ヶ月ふたたび。けど時間は約一か月。
20130618_193750_convert_20130618200831.jpg

再び日記にしっかりと向かい合うことになりそうだ。

けど進まないばかりでありません。

冒頭のシーンは質が上がってきたりしました。
無駄ばかりではなかったと安堵の息。
特に冒頭は重要なシーンで丁寧に稽古。掴みが重要です。

みな一様に不安ですが、いい公演には絶対します。

ここから残りの時間、どれだけ稽古のスピードがあげられるかが勝負。

ハナレズ最後の戦いへ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ハナレズ

Author:ハナレズ
柳沼昭徳氏の演出のもと、
2011年7月の第一回公演
「アーカイヴ・定吉1950」、
2012年7月の第二回公演
「山下君が死んだあとのこと」
を経て「ハナレズ」はいよいよ
最終第3期へと突入します。
新たなメンバーを加え、
引き続きハナレズブログを
継続してまいります。
以後の展開をお楽しみに!

ツイッター

お待ちしておりました!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スタッフより (7)
第1期「アーカイヴ定吉・1950」の稽古日誌 (35)
第1期ハナレズメンバー インタビュー集 (8)
第2期ハナレズの稽古場日誌 (57)
第2期ハナレズ メンバー他己紹介 (14)
第3期ハナレズの稽古場日誌 (49)
第3期ハナレズメンバー インタビュー集 (9)
第3期 京都から消えたものセレクション (7)

ハナレズ QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。