topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見崎 由佳インタビュー - 2011.06.28 Tue

てっきり、ストロー&クロック…ん?

vol.8 見崎 由佳(みさき ゆか 通称:みちゃき)役名:三島 吉乃

CIMG6472.jpg

_演劇を始めたきっかけと「劇研アクターズラボ+烏丸ストロークロック」参加の理由は? 

昔から母がディズニーアニメが好きで家に30巻以上あったと思います、ビデオが。それをずっと見てて真似っこしてましたね。学芸会も好きでした。中学の時はバスケか演劇か迷ったんですが、友達が一緒に演劇部入ってくれへんかったら絶交やで!ゆう話になっ て…絶交されたくなくて演劇部に入りました。それから高校でも演劇部に籍をおいて台本も書いたり発声練習したりとかしてました。大学もこの流れで当然のように演劇部でした。ラボに入ったのは、とりあえず京都で演劇がしたいなと。それと、私の高校の担任の先生が劇研のラボ生なんです。先日も公演に出てました。忙しい先生でもできるんだったら自分にも、と思いここに参加しました。おそらくこのメンバーの中で「柳沼さんのクラスだから」という動機が一番薄いのは私だと思います(笑)これ言っていいのかな…「烏丸ストロークロック」はストローク・ロックじゃなくて、ストロー・クロックやと思ってました…(一同爆笑)

_どうやったら、あれだけスルッとセリフが出てくるんでしょうか?

私は逆にそれがアカンなぁと思うところで、何回か聞いてたら次はこうなるなぁという流れが音として耳に入ってきて再生されるというか…なんでかわからないんですが、それがかえって新鮮に聞いたり語れないところなのかなぁって…。多分耳がいいんだろうと思います。母に音楽聴かされてたりとかで…(豊かな情操教育のおかげですね)

_今回、岡田定吉と結婚する役の予定ですが、結婚するならどんな男性がいいでしょうか?

常に人と暮らすのはちょっと想像できないんですね。一人が苦しくなったらフラッと近くに来てくれて、またその人がしんどくなったらフラッと私が行くような…なんというか別居婚というんですか(笑)一緒に居てて苦じゃない人、あっちも私と居て苦じゃない人、です。

_吉乃をやってて、ここはわかるという部分と絶対違うところは?

優等生、優等生と秀子に言われるときの吉乃の反応は、よくわかります(笑)違うのは、吉乃のように思っていることをそんなに出さないです。吉乃は富乃というお姉ちゃんが居るからお父ちゃんに対してもガァーと言えるというか、お姉ちゃんのフォローを予測して無茶なことやるけれど、そんな部分は私には無いですね。お姉さん役が間塚さんで つくづく良かったなぁって思います。たぶん間塚さんは誰とやっても抱擁力があるからうまくいくだろうなぁって。

_見崎さんピンク色のもの着られます? 私も着れないんですが…それと、私(秀子)とは同級生の設定ですが…

ピンクは着たことないです。着ません! 最後に着たのは小学生の時かなぁ。(見崎さん、似合うと思うんですが)似合いません、絶対(この辺、断固たる明言)えー、あぁ秀子ね。やっぱり私にとっては後輩やな。(ですよね)でもそういう関係もあるよね、同級生でもお姉さんキャラみたいなのは居るしね。

_美術大学で仕事されている見崎さんですが、あの特殊な環境の中で今の大学生を見てどう思われますか?

うちの大学の学生は割とおとなしいですね、見た目は奇抜なんですが(笑)もちろん彼らをうらやましいとは思います。 あっ、大学で働いていてこんなんは思ったらアカンのかな…とにかく、自分たちのやりたいことを思いっきりやれているんだろうなぁという感じですか。彼らを見てると、大学生活は二度と無いよ、と実感しますね。自分もそうだったけれどあの4年間は本当に貴重だったと思います。今から違う大学に入り直しても あの時の4年間とはまた違うんだろうなぁとは思います。演劇部入らなかったら、つまらない大学生活でしたね、多分。徹夜なんて無理してしなくてもいいのに、みんなでしたりとか。大道具作ったりとか…楽しかったです。(あれって楽しいんですよね。みんなと一緒に居るのが…何ででしょうねぇ)

_他の人と違う能力が一つ手に入るとしたら?

違う能力とは言えないですが・・うまく気持ちを言葉にできるようになりたいです。自分は語彙が少ないというか、どういう言葉が適切なのかわからないというか。とにかく話し上手になりたいです。(いやいや、みんなが思ってるのは“カシコの見崎さん”です。秀才ですよ)

_ツッコミというのは普通はどうしても前に出てきますよね。でも見崎さん流のツッコミは適量でタイミングも絶妙、非常に節度あるツッコミですよね(笑)これは一朝一夕ではできないな、と。

友達関係では結構ツッコミます。(親御さんもですか)いや先天的なものではないです。あくまで後天的なもので(見崎さんのツッコミは受けた方が今自分がツッコまれたことが柔らかくわかる、というか…きつい人は凹みますけど、もう切られていることに気付かないツッコミ、というか…これはもう名人の域ですな)褒めすぎです(笑)

_今日はどうもありがとうございました。

聞き手:見崎さん以外のハナレズメンバー
(左京区西部いきいき活動センターにて)





さて最終回は見崎さんです。いつもみちゃきと呼ばれている知的な我らがハナレズの才女です。とにかくアタマが切れる人で段取りや物事のこなし方がとても合理的でおまけに実行力がある、とても小粒なんですが(失礼)スパイスの効いた人です。僕も見崎さんと同じ一人っ子だったので、わかる部分がかなりあります。ちょっと僕としては困惑なシーンがあるんです。見崎さんと親しい方には最初に謝っておきます。でも本当は吉乃のことを心配してるんですが…ところで質問にも出てきたセリフの暗記力はもうただ驚くばかりです。全体をキュッと締めてくれる感じとでも言うんですか。僕も賢い娘を持って鼻高々です。(並木)

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hanares.blog.fc2.com/tb.php/38-68cbc8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

難解な線引き。 «  | BLOG TOP |  » 間塚 愛インタビュー

プロフィール

ハナレズ

Author:ハナレズ
柳沼昭徳氏の演出のもと、
2011年7月の第一回公演
「アーカイヴ・定吉1950」、
2012年7月の第二回公演
「山下君が死んだあとのこと」
を経て「ハナレズ」はいよいよ
最終第3期へと突入します。
新たなメンバーを加え、
引き続きハナレズブログを
継続してまいります。
以後の展開をお楽しみに!

ツイッター

お待ちしておりました!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スタッフより (7)
第1期「アーカイヴ定吉・1950」の稽古日誌 (35)
第1期ハナレズメンバー インタビュー集 (8)
第2期ハナレズの稽古場日誌 (57)
第2期ハナレズ メンバー他己紹介 (14)
第3期ハナレズの稽古場日誌 (49)
第3期ハナレズメンバー インタビュー集 (9)
第3期 京都から消えたものセレクション (7)

ハナレズ QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。