topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演を終えて - 2013.07.18 Thu



こんばんは。柳 泰葉です。

ハナレズ、「あかるい場所まで」が終演し、
早3日が経ちました。
まだ3日しか経っていないのに、
日常性は打破出来ず、バイトに明け暮れる日々で
藻抜けの殻の様に、あの公演は夢だったのではないかと
思いながら過ごしています。

さて、どうしよう。これが本音です。
また、一から考えなければいけません。



公演を観に来てくださったお客様のなかに
丁度、高野悦子さんと同年代の方がいらっしゃって、
アンケートを書いて下さってました。

私は60代です。60代になった今も自分は
どう生きていくべきなのか悩んでいます。と。
そのアンケートを読ませて頂き、
「どう生きていくべきなのか」っていうのは
永遠の課題なのだと感じました。

今回の公演の時代背景を勉強していくなかで、
当時も今も変わらないのは
悩みだと私は思いましたが、
当時は、それでもたたかって、
もがいて、学生運動に身を投じて
どうしようかって、必死だったんだなって思いました。

こう書くと客観的になってしまいますが、
今、私に足りないのはその必死さ、生きる為の葛藤、
やりたいことへの情念なんだと思いました。


実は今日、母となんやかんやで喧嘩して、
もとから無い目をさらに無くして、バイトに向かいました。
それで、帰ってきたら、母に携帯代を払いにいこうと言われ、車に乗って、いろいろ話した中で演劇を続けちゃいけないとは言ってないと、これからちゃんと考えなさい。と言われました。

甘えてますね。



この公演を終えて思ったのは舞台に立ちたいということでした。
下手な私がハナレズのメンバーの皆さんと必死で立ったこの公演は
一人でも嬉しいことに伝わっていて、直に感想を聞くこともできて、
悔しさや課題やもちろんありますが、
最後までやって良かった。と思いました。


その過程には、協力して下さった多くの方々と、
客席にいて下さった沢山のお客様、そして、高野悦子さんが
いてくださったということを決して忘れずにいたいと強く思います。

ほんとにありがとうございました。



そして、この公演で離れてしまう、
ハナレズメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、柳沼さん、阪本さんに
心から感謝しています。
ほんとにほんとにのほんとにをのどの奥の奥から絞り出して
ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。


つたない感想を最後までお読み頂き
ありがとうございました!
それでは、またどこかで。

柳 泰葉






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hanares.blog.fc2.com/tb.php/226-513c5c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

解散のご挨拶 «  | BLOG TOP |  » ハナレズ第3回公演『あかるい場所まで』公演情報

プロフィール

ハナレズ

Author:ハナレズ
柳沼昭徳氏の演出のもと、
2011年7月の第一回公演
「アーカイヴ・定吉1950」、
2012年7月の第二回公演
「山下君が死んだあとのこと」
を経て「ハナレズ」はいよいよ
最終第3期へと突入します。
新たなメンバーを加え、
引き続きハナレズブログを
継続してまいります。
以後の展開をお楽しみに!

ツイッター

お待ちしておりました!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スタッフより (7)
第1期「アーカイヴ定吉・1950」の稽古日誌 (35)
第1期ハナレズメンバー インタビュー集 (8)
第2期ハナレズの稽古場日誌 (57)
第2期ハナレズ メンバー他己紹介 (14)
第3期ハナレズの稽古場日誌 (49)
第3期ハナレズメンバー インタビュー集 (9)
第3期 京都から消えたものセレクション (7)

ハナレズ QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。