topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきつける - 2012.12.18 Tue

お疲れ様です。もうすぐ年の瀬、さすがに寒かったですね。でもハナレズの稽古場はあったかです。今期から参加させていただいておりますねもとです。

この日は土曜日、16時から早速お手玉。それから棒なし棒。今回は発展形で、強い緩急をつける、呼吸の合図なし、三人組でやる、身体全体がつながる、の四つのバージョンを行いました。「押す方は乱暴なくらいはっきり押すと受け手が頑張りやすい」「押す、と受ける、で芝居が成り立つ。昔やった『出会い』と一緒だよ」とのことです。これほどあからさまにコミュニケーションを取ろうとすることは日常生活ではなかなかないこと。終わってみると結構疲れます。

さてかつて京都に住んだ一人の女性の手記をもとに場面をつくる作業、今回で三回目です。発表は4組、短い期間でも、きちんと形になった素晴らしいものばかり。特に筋書きの束縛から離れ、思い切って頭一つ、障子を破って突き抜けた感じがあると、強く心が惹きつけられる感じがするのかなと思いました。この「惹きつけられる」ものの正体って、いったい何なんでしょう。
発表後、やぎーさんから総括をいただき、まず今回は「台本先行か」という事が問われました。文字が先行すると、どうしても人同士の関係性が薄くなるとの事。
「設定は本の中のもの。それはそれとして、今ここにいる人にしかできないことをやる。間違ってもよいのでナイストライを」
「主人公の一人称で書かれた手記は、当人が聖人君子になりやすい。しかし実はただの女の子であり、本当はたくさん失敗や間違いをしている人間臭い人であるはず。本はあくまで入口。無茶をしてもよいので、侵入角をふかくふかく。」「登場人物の個性を対比し際立たせる設定を」など。最後に、「ハナレズは、他にまねのできないことをしているよ」と。間違っても無茶をしてもいい、他にまねのできないことをしなさい、という優しさと厳しさを感じました。
今年のワークショップもあと1回。皆さまどうぞお体にお気をつけて。うがい手洗いマスク保温加湿栄養補給に努め、また次回、元気でお会いしましょう。<(_ _)>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://hanares.blog.fc2.com/tb.php/163-8942ddc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年最後の。 «  | BLOG TOP |  » 遠い目

プロフィール

ハナレズ

Author:ハナレズ
柳沼昭徳氏の演出のもと、
2011年7月の第一回公演
「アーカイヴ・定吉1950」、
2012年7月の第二回公演
「山下君が死んだあとのこと」
を経て「ハナレズ」はいよいよ
最終第3期へと突入します。
新たなメンバーを加え、
引き続きハナレズブログを
継続してまいります。
以後の展開をお楽しみに!

ツイッター

お待ちしておりました!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スタッフより (7)
第1期「アーカイヴ定吉・1950」の稽古日誌 (35)
第1期ハナレズメンバー インタビュー集 (8)
第2期ハナレズの稽古場日誌 (57)
第2期ハナレズ メンバー他己紹介 (14)
第3期ハナレズの稽古場日誌 (49)
第3期ハナレズメンバー インタビュー集 (9)
第3期 京都から消えたものセレクション (7)

ハナレズ QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。