topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他己紹介・廣瀬くん by間塚 - 2012.07.12 Thu

廣瀬 信輔さん  (通称:ひろせくん/さん 役名:野賀圭市)

201206171240000.jpg


本番前ということで、怒涛の他己紹介ラッシュとなりました。

では、間塚が廣瀬くんを紹介させていただきます。



私の廣瀬くんに対しての印象は「めっちゃ動くなぁ」でした。

ハナレズ第2期では、最初の方で、「出会いのエチュード」というのをやっていましたが、

私は舞台上で1歩動くのも怖いんです。

動いていいんやろうか、って思ってしまうんです。不自由なんです。

でも、廣瀬くんは、最初っからとても自由に走り回っていて、

「すごいなぁ。めっちゃ動かはるなぁ。」って尊敬してました。



また、自称「ワークショップ荒らし」の廣瀬くんですが、

先日、数々のワーショップで習ってこられた発声法を伝授していただきました。

そしたら、その日は特別意識しなくてもいつもより声が通って、

「おぉっ!!すごいっ!!」

って思いました。

声が通ると気持ちがいいですよね。

荒らしと侮るなかれ、ですよ。培われたものは大きいです。



そんな廣瀬くんの今回の役は「野賀圭市」さん。

作品中でもマスコット的な役割なのでしょうか、彼のTシャツに注目です。笑

野賀さんは陽の雰囲気が前面に出ていて、セリフがテンポよく挟まれています。

ちょこちょこと挟まれるセリフって大変やろうな、って思いますが、

また心情的にも難しい役であるとも思いますが、

廣瀬くんは実のところ、どんな感じで演じてはるんかな?





最後に、

実はハナレズで出会う数年前に私は廣瀬くんに出会ったことがあります。

廣瀬くんは覚えてないとは思いますが、

同じ場所に数時間いたんですよね。

まさか、数年後に再会するとは思いませんでした。

縁がある人とはあるんですね~。



ではでは、

最近野菜ジュースでエネルギーチャージをしている廣瀬くんに

是非ご注目くださいませ。
スポンサーサイト

他己紹介・平野さん by広瀬 - 2012.07.11 Wed

平野 雄一さん (通称:平野さん 役名:葉山 英太郎)





いきなりハナレズ以外の個人的な話になってしまいますが、
僕が平野さんを初めて見たのは、
6年前、第一回の劇研アクターズラボ公演クラスでした。
今の烏丸さんやルドルフさんとのコラボレーションが始まる前、本当の最初の最初の公演。
僕はその公演クラスが開講するのと同時にアクターズラボに入り、他のクラスを選択しました。
(当時はいきなり公演クラスに入るというのが
無理なシステムだったのです。)

初めて舞台上の平野さんを見た印象は、
普通の人。
役柄はサラリーマン三人組の一番下っ端。
「あぁ、この人は普段からこんな感じなのだろうなぁ。」
と思いました。
とても好感の持てる、自の演技(と、素の状態のスレスレのところ)といった印象。

そしてその翌年、第三回のラボ公演で見た平野さんは、
見知らぬ異母兄弟との初めての邂逅にはしゃぐ、
可愛らしい末っ子キャラでした。
「あぁ、その役、やりたい!」と思わせてくれる、心地良さを持った役柄、演技でした。
でも同時に、この末っ子は紛れもなく平野さんだ、とも思ったのです。

そして、去年のハナレズで見た平野さんは、平野さんではありませんでした。
主人公家族に激しく詰め寄るシーンは、
普段の平野さんが見せない顔であるにもかかわらず、
嘘が全く感じられませんでした。
カッコイイ!!と思いました。



同じアクターズラボに居ながら、すれ違い続け、
そして今年、待望の初共演を果たすこととなった僕から見た、
今の平野さんは、素敵に優しい大人の男性なのです。

役者・平野雄一の過去6年を振り返る。
如何だったでしょうか。
素敵に優しい大人な平野さんに会いに、
是非、劇場に足をお運び下さい。

他己紹介・すずなさん  by平野 - 2012.07.09 Mon

髙木 すずな さん (通称:すずな 役名:吉田紗己子)

__.jpg



いつだったかねえ、
ハナレズの皆と飲みに行って、
二軒目のお店でだったと思うけど、
「すずなさんは酔っ払いのいなし方が上手だなあ」
という話題になったことがあったような気がします。
本人に話を聞いてみると、
すずなさんのご両親は友達が多くて、
家に集まって、ごはんを食べながらお酒を飲んで、
という機会も多かったみたいで、
まあ、そういう経験がね、
今の「酔っ払いいなし上手」につながっているんじゃないかってことです。
ああ、ちなみにね、
すずなさんのご両親はとても素敵な方で
5月には家にお招き頂いて、ハナレズの皆でバーベキューをさせて頂いたのですよ。
あと、昨年の「アーカイブ定吉1950」でも今回の「山下君が死んだ後のこと」でも、
すずなさんのお母さんには多方面に渡り、とってもお世話になっているのです。
いつもありがとうございます。
えっと、話題を戻しまして
すずなさんが「酔っ払いのいなし上手」という話ですが、
つい先日ね、ハナレズの稽古帰りに、皆でビアガーデンに行ったのです。
その時、すずなさんと席が隣やって、
すずなさんはね、まだ未成年なので、
アルコール類は飲んでいないのですが、
その時は料理がバイキング形式になっていて、
すずなさんの皿を見てみるとえだ豆とかサラミとか、
完全に「酒を飲むぜ!」って感じのセレクトになっていて、
それでソフトドリンクをチビチビとやっているわけです。
本人いわく、そういうおつまみ系の食べ物が好きみたいですけど、
あと3年だか4年だかを経てすずなさんがお酒を飲めるようになったら、
結構ぐいぐいいける系なのかなあと思いました。
その時に、僕はカレーを食べていて
少し席を離れたんですね。
それで席に帰ってきたら、
僕のカレー皿の淵に等間隔に綺麗に枝豆が並んでいてですね、
「おお、なんだこりゃ」と思ったら、
どうやらすずなさんの悪戯だったみたいで、
ただそれらの枝豆は美しい調和をもって
カレー皿の淵に置かれていたものなのだから、
「ああ、すずなさんは酔っ払いいなし上手でもあるし、
カレー皿の淵に枝豆を置き上手でもあるんだなあ」と感心したものですよ。
はい、そんなすずなさんは
今回の舞台「山下君が死んだ後のこと」では、
「サキちゃん」という
ちょうどすずなさんと年齢が同じくらいの女の子を演じております。
きっと色々と感じながら、今回の役に取組んでいるのだろうなあ、
と稽古を見ていて思うわけです。
「サキちゃん」の舞台での躍動を楽しみにしてくださいね。








他己紹介・澤さんby すずな - 2012.07.09 Mon

                    澤 雅展さん (通称:サワさん:役名:中井健介)


                     サワさんs_convert_20120708233252


えー今回は、頼れるお兄さん澤さんを、すずなが紹介していきたいと思います。

私のグルーミーになにか提案している風な澤さんは、ホントに頼れる素敵なお兄さんです。
後ろの方にヤスさんが写り込んで合計二人と一頭の写った写真なので、いまいち誰を紹介しているのか分かりにくいかもしれませんが、右端の彼です。

澤さんの初対面の印象は、「背が高い人」。
極めて極めて普通でした。
去年多用していた稽古場アネックスの天井から垂れ下がる電気の紐が、いつも頭に引っかかっていたのを覚えています。
澤さんとはよく喋るようになるまでの期間が割と長かったので、しばらくは印象がこのままでした。

しばらくして大きな印象の転機が。
澤さんに彼女が出来た。
そして私の中の澤さんは、「彼女のいる人」に。

そこからちょこちょこ喋るようになって、プライベートな話をするうち「映画の好きな人」になり、最終的には「私の事をかまってくれる彼女と映画の大好きなお兄さん」になりました。

最近はそこに「良い人」が加わりそうな予感。

運動やっていたからか体力的にも精神的にもとてもパワフルです。
体育会系な足の形が特徴。

私の持っていくおかしな物たちをいつも発見し愛でてくれます。

そして今期に入ってから特に強く感じるのは、相手を傷つけずに物事を伝える手段を瞬時に見つけるなぁ。と思いました。
誰かにダメ出しが入った時のアドバイスとかもそうだし、平日の稽古で力が入ってないときなどの鶴の一声も多いです。

すぐ感情的になってしまう私なので、いつも、ああ、その視点は見えていなかった。と、気づかされています。
けれど皆が言わないときは、皆の言えていないそのものズバリの言葉を選んだりもするのです。

あととても可愛いです。
私が言うとなんだか嫌な感じになりそうですけど。可愛いです。
ハナレズ基本的にとても可愛い人たちが溢れているので、澤さんなんだか埋もれがちですけれど、ごっつさんにもヤスさんにも廣瀬さんにも負けず劣らず可愛い人なのです。

なんかこう、鮮魚系の可愛さ。

他にもまだまだ素敵なところ面白いところたくさんあるのですが、私が私の視点から私だけの言葉で紹介できるのは大体この辺くらいまでかなと。

これ以外のトコロは、彼と出会えた人のお楽しみ。

メンバー他己紹介・ごっつby 澤 - 2012.07.02 Mon

                   神立由佳(通称:ごっつ 役名:野沢美樹)

                   gods.jpg


どうも今回はごっつこと神立さんを、私、澤がちょちょいと紹介します。

ごっつは学生でまだまだ若いのですが。

遊びを知らない花の二十代、全然すれてないというか、
今時の若者にしては珍しいタイプの女の子。

弾けたい年頃らしく、髪を軽く茶色に染めてちょっとした悪事をなし得た内心気が気じゃない、ピュアハートの持ち主。

行動やその生体にはいまだ謎の多いところがあります。

いわゆる天然というやつでしょうか。悪い意味じゃなくて。

時にして、奇想天外にして空前絶後のボケをかまします。

一種、ハナレズのマスコット的な癒しの存在です。廣瀬さんと双璧をなすと言われています。

頑張り屋でもあります、いつも率先して行動していくし、とても真剣。

学業でもそれは同じで、将来に向けて真剣に舵を取ろうとしています。

時には空回りもするし、いっぱいいっぱいにもなるけども、

少しづつ成長している気がするよ!いやわかんないけどね!

がんばれ、まけるな、ハジけろごっつ。

のびしろも夢も多き神立の明日はどっちだ!?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ハナレズ

Author:ハナレズ
柳沼昭徳氏の演出のもと、
2011年7月の第一回公演
「アーカイヴ・定吉1950」、
2012年7月の第二回公演
「山下君が死んだあとのこと」
を経て「ハナレズ」はいよいよ
最終第3期へと突入します。
新たなメンバーを加え、
引き続きハナレズブログを
継続してまいります。
以後の展開をお楽しみに!

ツイッター

お待ちしておりました!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スタッフより (7)
第1期「アーカイヴ定吉・1950」の稽古日誌 (35)
第1期ハナレズメンバー インタビュー集 (8)
第2期ハナレズの稽古場日誌 (57)
第2期ハナレズ メンバー他己紹介 (14)
第3期ハナレズの稽古場日誌 (49)
第3期ハナレズメンバー インタビュー集 (9)
第3期 京都から消えたものセレクション (7)

ハナレズ QRコード

QR

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。